やれるアプリ 胸が大きい美人

やれるアプリで会った胸が大きい美人は気持ちよすぎる

おっとりした黒髪の女性でした。

 

体つきは、30少しらしく多少肉はついていましたが、それ以上にオッパイが大きく、ナイスバディー。

 

「それじゃ、しましょうか」
ホテルに行くのもあっという間なら、そこからし始めるのもすぐでした。

 

お互いシャワーも惜しむようにして行為に入ります。

 

顔つきは普通ですが、スタイルが相当にいいため美人にしか感じられません。

 

美人相手にするのは初めてで、かなり緊張していました。

 

それでもむしゃぶりつくようにオッパイを揉み、吸い付きます。

 

こんな機会は2度とないと思うと、ほとんど必死です。

 

童貞ではないかと思われるかもしれないと考えても、むさぼるのをやめられませんでした。

 

「ああっ、もっと強くしていいですよ」
ベッドに押さえつけられながら、そういってくる女性の声は優しく聞こえました。

 

許可をもらうと、更に力を込めて揉み上げ、下にも手をやります。

 

求められるのが嬉しかったのか、すでに濡れ始めていました。

 

指で緩ませて、太股の間に入り込みます。付け忘れかけたゴムをしっかりつけて、正常位で突っ込んでいきます。

 

ただの正常位ではますます素人っぽく思われると考え、途中で足を持ち上げ、肩に担いで体位を多少変えていきます。

 

締りのいいおマンコは気持ちよすぎ、大幅に体位を変えているまに少しでもピストンしたく、その程度の変更しかできませんでした。

 

体位より、我慢のほうにすぐに意識が取られます。

 

流石にさっさといくわけにはいきません。女性は20代中盤、自分は30過ぎです、年上としてなんとかいかせなければと思います。

 

それでも、やはり気持ちよすぎ、美人相手なので先に出してしまいます。

 

せめて早く復活して2回目を挑むことで補います。

 

2回目では流石に先にいかせる事ができ、どうにか面目を施したつもりです。
高知県 31歳 漁師男

関連ページ

サイトで見つけた美熟女と大人の恋をした体験談。
サイトでの出会いに不安を感じている人は多いと思います。 しかしある恋活系のサイトでセフレを見つける事ができました。
離婚して知った、セックスの本当の悦楽
大きな悩みの一つが「女としての虚しさ」でした。 DV夫は、セックスの方もかなり淡白で、結婚当初から物足りないものを感じていました。 離婚して、その物足りないセックスの機会さえなくなってしまったわけです。